Blog&column
ブログ・コラム

故人の不動産の名義変更を自分でやる方法!「相続登記」とは?

query_builder 2021/04/15
コラム
close-up-door-focus-keyhole
不動産を持っている方がお亡くなりになった場合に、相続登記が必要になります。司法書士に依頼せずに自分でやりたいと考える方もいらっしゃるでしょう。

今回は、故人の不動産の名義変更を自分でやる方法についてお伝えします。合わせて、相続登記についてもお伝えしますので、是非最後まで御覧下さい。

相続登記とは

相続登記とは、故人の不動産の名義を変更する事です。書類を集めたり必要な手順を踏めば、個人でも相続登記を行う事は出来ます。

▼故人の不動産の名義変更を自分でやる方法

相続登記をする手順をご紹介します。

物件相続人を調べる

どのような物件がどのように登記されているのか、登記簿で調べます。相続を受ける権利がある法定相続人が誰なのか、どれくらいいるのかも調べます。

遺産分割協議書や登記申請書に不動産の情報が必要なのでしっかりと調べましょう。

■必要な書類を集めて作成する

固定資産評価証明書など、相続登記に必要な書類を集めます。遺産分割協議書や相続関係説明図等の書類を作成します。

■捺印をもらい法務局へ申請する

遺産分割協議を行い、どのように分配するか決定して捺印をもらって法務局へ相続登記を申請します。

▼まとめ

今回は、故人の不動産の名義変更を自分でやる方法についてお伝えしました。相続登記は自分でやる事は可能です。

相続登記をした不動産を売却されたい場合は、株式会社マーク・スター不動産にご相談下さい。

NEW

  • 川越市内で不動産の売買・仲介や駐車場管理のことならマーク・スター不動産へお問い合わせください!

    query_builder 2020/08/25
  • 相続する不動産の評価額はどうやって計算したらいい?路線価って何?

    query_builder 2020/08/18
  • 故人の不動産の名義変更を自分でやる方法!「相続登記」とは?

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を売却する際に複数の不動産会社に頼んでもいい?

    query_builder 2020/08/18
  • 自宅を売却する際の内覧のコツ!押さえるべきポイントをご紹介します

    query_builder 2020/08/18

CATEGORY

ARCHIVE