Blog&column
ブログ・コラム

不動産の売却における経費にはこんなものがある

query_builder 2020/11/22
コラム
house-family-suburb-lawn
不動産を売却する場合、様々な経費がかかるものです。
意外と見落としがちですが、この経費を考慮しなければ、思っていたより売却益を得ることが出来ないと感じてしまいます。
ここでは、不動産の売却における主な経費について紹介します。

▼仲介手数料
自分自身で全ての不動産売却手続きを行うのはまず不可能です。
よって、不動産会社に仲介してもらって対応するのが一般的です。
ただ、仲介してもらう上では仲介手数料が発生します。
仲介手数料は、売却代金の3%+60,000円+消費税を上限として支払います。

▼譲渡税
売却によって売却益が出た場合、金額に応じて住民税や所得税を支払わなければなりません。
この税金は譲渡税と呼ばれています。

▼登記費用
もし売却する不動産に、まだローンが残っている場合は抵当権抹消登記が必要です。
このような登記については司法書士へ依頼するのが一般的ですが、もちろんボランティアで行うわけではありません。
司法書士に対して報酬を支払う必要があり、また登記費用の負担も必要になります。

▼印紙代
売買契約書を作る際には、印紙代が必要です。
決して高価なものではありませんが、課税文書としての効力を発揮するためにも印紙代も負担してください。

▼引越し費用
実際に住んでいた場合は、撤退をしなければなりません。
その引越し費用についても、経費として考慮しておくことが重要です。

▼まとめ
経費には様々な種類がありますが、中には個人で処理するのは難しいものもあります。
その場合は、司法書士や不動産会社に相談することをおすすめします。

NEW

  • 川越市内で不動産の売買・仲介や駐車場管理のことならマーク・スター不動産へお問い合わせください!

    query_builder 2020/08/25
  • 故人の不動産の名義変更を自分でやる方法!「相続登記」とは?

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を売却する際に複数の不動産会社に頼んでもいい?

    query_builder 2020/08/18
  • 自宅を売却する際の内覧のコツ!押さえるべきポイントをご紹介します

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を借りる際にどうして印鑑証明が必要?その理由を解説します

    query_builder 2020/08/18

CATEGORY

ARCHIVE