Blog&column
ブログ・コラム

不動産相続する際は確定申告が必要?その理由は?

query_builder 2020/10/21
コラム
house-money-budget-business
不動産相続する場合、大きな金額が動くことが大半です。
その場合、収入と捉えると確定申告が必要になると考えられます。
では、実際に確定申告は必要なのでしょうか?
ここでは、不動産相続と確定申告の関連性について紹介します。

▼確定申告が必要になるケースがある
不動産相続において、確定申告が必要になるケースがあります。
もちろん、これは収入を得たという判断がされるケースのみであり、全て確定申告が必要になるわけではありません。
主に確定申告が必要になるケースは、次のようなことが挙げられます。

相続した不動産を売却する場合
不動産相続しても、そのまま利用せずに売却するというケースがあります。
売却した場合、売却益が発生することになりますので、これは収入とみなされます。
但し、売却額から取得費用を差し引いた売却利益に対して課税されます。

■賃貸収入がある不動産相続した場合
マンションや駐車場など、収入がある不動産の場合は、相続した段階で相続人の所得となります。

不動産を現金化して相続した場合
相続するタイミングで、すぐに売却して分割相続する場合があります。
このケースでは、取得費用を引いた売却益が課税の対象となります。

不動産を寄付した場合
不動産を財産として寄付した場合、寄付金控除として所得税が控除される可能性があるため、確定申告をするとお得です。

▼まとめ
不動産相続の確定申告は、絶対に必要になるわけではありません。
しっかりと必要になるケースを把握して、納税の義務を果たしましょう。

NEW

  • 川越市内で不動産の売買・仲介や駐車場管理のことならマーク・スター不動産へお問い合わせください!

    query_builder 2020/08/25
  • 故人の不動産の名義変更を自分でやる方法!「相続登記」とは?

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を売却する際に複数の不動産会社に頼んでもいい?

    query_builder 2020/08/18
  • 自宅を売却する際の内覧のコツ!押さえるべきポイントをご紹介します

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を借りる際にどうして印鑑証明が必要?その理由を解説します

    query_builder 2020/08/18

CATEGORY

ARCHIVE