Blog&column
ブログ・コラム

不動産相続する場合にかかる税金を徹底解説

query_builder 2020/10/17
コラム
budget-cash-coins-currency
不動産相続する場合、注意したい点として税金がかかるという点があります。
では、一体どれだけ税金がかかるものなのでしょうか?
ここでは、不動産相続における税金について紹介します。

相続する上でかかるのが相続
不動産相続する場合にかかるのが、相続税です。
相続財産という形で現金や有価証券が相続されるケースにおいては、時価が課税対象となるため相続税が高騰する傾向があります。
ただ、相続財産としての不動産価値については時価という形ではなく、相続が開始される時の状況に左右されます。
また、固定資産台帳や路線価格などから算出された評価に対して課税される形を採用しています。
この相続税は、2015年1月1日以降に発生する相続については控除額が減少しています。
これによって、相続税の負担が重くなる人が多くなっているのが実情です。

相続税の計算方法
相続税では、被相続人の相続財産のすべての合計額に対して、基礎控除額を超える場合に発生します。
相続税の基礎控除額は、「3,000万円+600万円×相続人の人数」の計算式で算出可能です。
実際の価値については、路線価格に面積を乗じて各種の補正率をかけることで土地相続税評価を求めることが可能です。
他にも、固定資産税評価額を1.14倍して土地相続税評価額を推計する方法があり、これによって概算の相続税を算出できます。

▼まとめ
相続税は、基礎控除によって支払いを控除される可能性もありますが、しっかりと計算して正しく納税するようにしましょう。

NEW

  • 川越市内で不動産の売買・仲介や駐車場管理のことならマーク・スター不動産へお問い合わせください!

    query_builder 2020/08/25
  • 故人の不動産の名義変更を自分でやる方法!「相続登記」とは?

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を売却する際に複数の不動産会社に頼んでもいい?

    query_builder 2020/08/18
  • 自宅を売却する際の内覧のコツ!押さえるべきポイントをご紹介します

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を借りる際にどうして印鑑証明が必要?その理由を解説します

    query_builder 2020/08/18

CATEGORY

ARCHIVE