Blog&column
ブログ・コラム

不動産相続税の計算方法は?

query_builder 2020/10/13
コラム
calculator-calculation-insurance-finance
皆さんは不動産にかかる相続税について知識はありますか?
おそらくほとんどの人が詳しく説明することはできないと思います。

そこで今回はそんな難しい不動産相続税について
相続税の計算方法や相続する際の税金の注意点などを見ていきましょう。

相続税の計算方法
まずはじめに相続税の計算方法について見ていきますが、
相続税の額はすべての相続財産額から基礎控除額を引いたものに相続税率をかけたものになります。つまり、相続税がかかるのは基礎控除額を、超える分のみとなるということです。

そして不動産相続税の計算方法としては、
土地を評価する方法として路線価方式や倍率方式が挙げられ、
建物を評価する方法として建築が終わった建物の場合固定資産税評価額の50.60%くらいで、建設中の建物の場合建設費用に0.7を掛け合わせた数字が挙げられます。

これらの数字をもとに不動産そのものの価値がきめられます。

そして、この不動産価値に対して分割する人数や金額によって不動産にかかる税金のが決まります。

このように、不動産の税率の計算や具体的な金額の提示は、
法律の知識や不動産に対する知識が必要なため個人で全てを解決することは非常に難しいと言えます。

▼まとめ
ここまでで不動産相続税について見てきましたが、
見ての通り不動産相続は複雑で、専門的な知識が必要になります。

ですので、不動産相続について困っていること、不動産相続税で気になること等がありましたらぜひ株式会社マークスター不動産にご相談くださいませ。

NEW

  • 川越市内で不動産の売買・仲介や駐車場管理のことならマーク・スター不動産へお問い合わせください!

    query_builder 2020/08/25
  • 故人の不動産の名義変更を自分でやる方法!「相続登記」とは?

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を売却する際に複数の不動産会社に頼んでもいい?

    query_builder 2020/08/18
  • 自宅を売却する際の内覧のコツ!押さえるべきポイントをご紹介します

    query_builder 2020/08/18
  • 不動産を借りる際にどうして印鑑証明が必要?その理由を解説します

    query_builder 2020/08/18

CATEGORY

ARCHIVE